精神療法(心理療法)

最近になって、自分が受けたのは行動療法という精神療法の一つで、医師は支持的精神療法とよばれる手法で自分を支えてくれたのだと知りました。

精神科・メンタルクリニックのかかり方

子どもの精神障害の治療目的は発達障害の適応改善にありますから、それが満たされれば、特に診療科目にこだわる必要はないでしょう。教育的な治療、あるいは小児科などほかの診療科目で対応しきれない重い精神障害は精神科医の関与が望まれます。

精神療法(心理療法)

現在行われている精神療法には、さまざまな種類があります。精神分析・精神分析的精神療法、認知行動療法、自律訓練法、森田療法、サイコドラマ、プレイセラピー、芸術療法、箱庭療法、催眠療法、個人精神療法と集団精神療法、家族療法など

精神療法(心理療法)

精神療法(心理療法)は、精神障害や不適応行動など、心理的な問題がかかわるあらゆる問題に対して用いられています。では具体的にどのような症状が対象となり、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

精神科・メンタルクリニックのかかり方

薬物療法では、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬3種類に大別できます。精神療法(心理療法)は、表現療法・支持療法・洞察療法・訓練療法などが代表的です。

精神療法(心理療法)

精神療法には、体系化された分類法はなく、一般的には、治療の目的や治療者と患者のかかわり方などから、表現的精神療法、支持的精神療法、洞察的精神療法、訓練療法の四つに分類されます。精神療法は、一般的に上記のように四つに分類されますが、ほか ...

精神療法(心理療法)

精神療法(心理療法)とは心理的な働きかけや援助によって、精神障害や不適応行動のほか、不安や恐怖、悩みなど情緒的な問題を解決する治療法です。

非行の防止

非行の治療にあたっては、行動そのものを治療の対象にするのではなく、そのような行動を起こさざるを得ない青年期に直面する課題や人格構造をみていきます。

カウンセリング

カウンセリングを実際に進めていくときに、いくつかの方法を用いて治療をすることがあります。精神分析療法、行動療法、自律訓練法、家族療法、箱庭療法、認知的療法、音楽療法などがあります。