性の悩み

高齢者に性的欲求があっても何ら不思議ではありません。愛情のこもった互いの性的な興味は、生涯続き得るものです。女性高齢者の更年期による性交痛の悩みは、ホルモン補充療法により膣の萎縮や乾燥を防ぎましょう。
膣の乾燥からくる痛みや不 ...

うつ病

老人性うつ病はいわゆる認知症の初期症状と混同されがちですが、早期に発見して治療を開始すれば回復も可能です。

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

高齢者の自殺率は、徐々に低下傾向にはあるものの、ほかの年齢層に比べて高くなっています。現在では、60歳以上の自殺者は毎年およそ1万人以上とされ、多くの高齢者が自ら命を断っています。

老年期の心の病気

検査を行って診断がついたら、治療方針が立てられます。老年期の精神疾患の治療の主体は薬物療法です。

老年期の心の病気

老年期だけに特徴的な精神症状というものはありませんが、高齢者に比較的多くみられる症状としては、意識障害、見当識障害、知能や記憶の障害などがあげられます。

心の病とライフサイクル

ライフサイクルの各段階での心の成長と発症しやすい心の病には、次のようなものがあります。

老年期の心の病気

高齢者には、心身の機能の低下に伴って、認知症やうつ病をはじめとするいくつかの特徴的な病気が起こりやすいものです。

ノイローゼ

幼少期のノイローゼでは、不安やうつ状態、言葉の遅れ、頭痛、不眠、夜尿症、かんしゃく、粗暴などがみられます。また、高齢者のノイローゼはまだはっきりとわかっていません。

老年期の心の病気

老年期には、さまざまな精神疾患が起こりやすくなります。老年期に現れやすい精神疾患は、器質性のものと機能性のものに大別できます。

老年期の心の病気

老年期は人生最後のライフステージであり、成熟・達成の時期です。同時に、心身両面が老化する時期であることも否定できない事実です。