自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

自殺の危険因子のなかで最も危険な因子は、自殺未遂の既往です。自殺未遂者の治療は、まず自殺未遂によって生じた緊急の身体的治療が優先されます。続いて、今後も自殺を図る可能性があるかを検討します。

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

自殺企図者の多くは何らかの予兆やサインを発することが多く、自殺の衝動も一時的なものであることが大半です。また、未遂者は再び企図する割合が高いものです。自殺願望に陥った悩める人を孤立させず、周囲が十分な知識をもって適切に対応すれば救える ...

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

高齢者の自殺率は、徐々に低下傾向にはあるものの、ほかの年齢層に比べて高くなっています。現在では、60歳以上の自殺者は毎年およそ1万人以上とされ、多くの高齢者が自ら命を断っています。

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

リストラや会社の倒産などによってもたらされる経済的な危機が中年世代の自殺の理由としてあげられますが、自殺の原因は一つとは限りません。

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

青少年の自殺防止には、本人だけでなく家庭の構成メンバー全員を病理の対象として、治療にあたることも必要になります。自殺の危険度が高い性格傾向としては、未熟で依存的、衝動的、極端な完璧癖、孤立・抑うつ的、反社会的傾向などがあげられます。

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

統合失調症患者の自殺率も高く、その確率は1割強といわれています。統合失調症患者の自殺前の精神状態として、特に注意を要するのが抑うつ状態です。不安と絶望のなかにある統合失調症患者に対しては、仕事の監督者や応援団のように振るまうよりも、同 ...

自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

近年、日本で発生している自殺者の数は2万数千人前後で推移しています。1960年代には1万4,000~1万5,000人程度で推移していましたが、1970年代に入ると再び増加し、1986年(S61)には2万5,600余人、2003年(H1 ...