自殺を未然に防ぐ【自殺防止対策】

青少年の自殺防止には、本人だけでなく家庭の構成メンバー全員を病理の対象として、治療にあたることも必要になります。自殺の危険度が高い性格傾向としては、未熟で依存的、衝動的、極端な完璧癖、孤立・抑うつ的、反社会的傾向などがあげられます。

非行の防止

再犯を防ぐには最初の補導時に、どのように子どもと対応するかが重要とされています。非行を防止するために子どもをしかることも大切ですし、金銭の管理をしつけるなども大切なことです。

アダルトチルドレン

一般に、似たような社会文化環境に育った者同士は、一緒にいると居心地がよいといわれます。機能不全家族のなかで育った子どもは、同じような家庭環境で育った相手を配偶者として選択しやすくなります。

心の病とライフサイクル

個人に、それぞれの年代における発達課題があるように、家族というシステムにもライフサイクルと各段階における課題があります。青年期では親から心理的に分離し、独立した個体となります。

アダルトチルドレン

機能不全家族のなかでアダルトチルドレンは、本来の子どもとしての役割とは別の役割を果たします。アダルトチルドレンが生き延びていくために発達させる役割は次のようになっています。

家庭内暴力

家庭内暴力の原因には様々ありますが、ここでは親子関係に焦点をを絞って述べています。家庭内暴力が注目されるようになった背景には、親子関係の変化があります。家庭内暴力が起きてしまった場合、最も重要なのは、親が子どもと真正面から向き合うこと ...

依存症

依存症は脳に物に依存したい欲求が起き、それがエスカレートしていく病気だと考えられています。ですから、その原因を取り除かなくては、たとえ表面的には依存から抜け出したようにみえたとしても、また別のものに依存することを繰り返していくだけです ...

アダルトチルドレン

嗜癖(しへき)とはアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存、拒食症・過食症、仕事中毒など、自己調節や管理能力を失った習慣障害をいいます。

家庭内暴力

どんなに親子関係の問題があったとしても、子どもを挫折させる状況がなければ、家庭内暴力は起きません。