魚の栄養と効果効能

ウナギの特徴

ウナギは昔から栄養価の高い食べ物として滋養強壮に用いられていきました。特に、体力をつけ夏バテを防ぐ土用のウナギは有名です。目によいとされるビタミンAも豊富です。

特徴1

タンパク質や脂肪の含有量が多く、少量で高い ...

魚の栄養と効果効能

サケの特徴

DHAやEPAといった不飽和脂肪酸や、良質のタンパク質を多く含み、生活習慣病の予防に効果があるといわれます。頭から尾まで捨てるところなく食べられるのも魅力です。

特徴1

DHAやEPAといった不飽和脂肪酸をはじめ、 ...

魚の栄養と効果効能

青い模様がみられるマサバの旬は特に脂ののる秋で、腹に黒い小さな斑点のあるゴマサバは夏が旬です。不飽和脂肪酸のEPAやDHAを豊富に含む代表的な青魚でです。EPAには血液の凝固を抑制する作用があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がみられます ...

魚の栄養と効果効能

イワシの漁獲量の90%を占めるマイワシの脂肪中には、血栓予防効果をもつEPAが特に豊富です。また、骨ごと食べられる丸干しやシラス干しは、非常に優れたカルシウムの補給源です。

魚の栄養と効果効能

魚料理をバランスよく、さらにDHA(ドコサへキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など必要な栄養を効果的に摂取するためには、次のような工夫が必要です。DHAやEPAは魚油に含まれているので、最も効果的な調理法は刺し身など生で食べ ...

魚の栄養と効果効能

飽和脂肪酸が主体の肉類などの脂肪をとりすぎると、血清コレステロールがたまりやすくなり、動脈硬化を促進させます。ところが、ドコサへキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)には次のような働きがあります。