テクノストレスとは

テクノストレスとは
(※画像はイメージです。)

 

 

テクノストレスとは、コンピューター・パソコンに過剰適応したり、うまく適応できないために生じる心身の障害を言います。

 

さまざまな病態があらわれるため、テクノストレス症候群といわれます。

 

 

1984年にアメリカの心理学者ブロードが、はじめてテクノストレスと言い出したときは、コンピュータに不適応な人が対象でした。

 

今ではのめり込むテクノ依存症(パソコン依存症・ネット依存症)タイプの問題が大きくなっています。

 

パソコン嫌いやキーボードがこわい人だけでなく、大好きな人でもテクノストレス予備軍になる可能性があります。

 

 

情報化社会でその便利さを享受している私たちにとって、「テクノストレス」は避けられない問題になっています。

 

人類がはじめて遭遇するこのストレスとどうつきあうか、これは現代人がより豊かな社会を創造するために解決しなくてはならない課題といえるでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る