急増するパソコン普及率とともに広まったテクノストレス

急増するパソコン普及率とともに広まったテクノストレス

急増するパソコン普及率とともに広まったテクノストレス

 

 

映画「2001年宇宙の旅」では、「ハル」という超大型コンピュータが人間的な意志を持ち、人間と対立して殺人まで犯すというストーリーが描かれています。

 

この映画がつくられたのは1968年です。スタンリー・キューブリック監督の時代を見通す眼力の確かさは、この映画によって不滅の評価を受けることになりました。

 

 

単なる道具ではなく、ある意味では人間の頭脳によく似た発展性のある能力を持ち、しかし血の通った人間でもない、コンピューター。

 

欧米でパソコンが一般に普及し始めた1980年ごろからこの最先端のテクノロジーに対して何らかのストレスを感じる人が増えてきました。

 

スポンサーリンク


 

 

コンピュータが単に便利な道具というだけでなく、時に人間の心を脅かす存在にもなりうることに、人々が気づき始めたのです。

 

1984年、アメリカの心理学者ブロードはコンピュータ・テクノロジーに適応しきれずに生じる心身の異常について「テクノストレス」という言葉を使いました。

 

これはあまりに時代に即したネーミングだったために、医学的な定義がされないまま世界中に広がり、そのためどの症状がこの分類に入るか、明確にはまだ規定されていません。

 

 

一般的には、コンピュータ・テクノロジーが原因で生じる症状を総称して「テクノストレス症候群」と説明されています。

 

日本でも、急増するパソコン普及率とともに、この言葉がひんばんに使われるようになってきました。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る