仮面うつ病

一般的なうつ病と違い、身体症状が強く出ます。
「頑張って!」や「しっかりしなさい」という言葉は禁物です。

過度のストレスや競争の激しい社会情勢にさらされ、葛藤しながら生活している私たちにとって、もはやうつ病は他人事ではなくなってきている病気の一つといえます。

仮面うつ病という疾患は、うつ病になっても、周囲の人たちにわからないように振る舞わなければならない、という現代人の悲しい一面が生みだした心の病といえるでしょう。

仮面うつ病とは

仮面うつ病は、身体疾患という「仮面」をつけたうつ病を指します。
身体症状だけが顕著に現れて、抑うつ感情などの精神症状が目立たないため、一見したところ身体疾患のように思えますが、その本態はうつ病というケースです。

仮面うつ病でよくみられる身体症状としては、不眠や全身倦怠感のほか、頭痛や腹痛、腰痛などのからだの各部の疼痛(とうつう)、食欲不振などがあげられます。

精神症状を自覚しないため、患者のほとんどは身体症状に応じて一般診療科を受診しますが、検査をしても異常は発見されず、心配なしと診断される場合が少なくおりません。

また、自律神経失調症、神経症、不定愁訴、更年期障害などと診断されるケースもみられます。

いくら内科的な治療をしても症状が改善されないときは、仮面うつ病の可能性を考慮することも必要です。

仮面うつ病とは逆に、身体疾患からうつ病を招く場合もあります。

膠原病(こうげんびょう)のほか、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能障害といった内分泌疾患、パーキンソン病などに伴ってみられることが多いものです。

また、治療のために服用している薬の影響でうつ状態に陥るときもあります。

身体疾患をもっていて、薬を服用している人がうつ状態になった場合は、主治医に相談することが大切です。

私たち人間は、悲しいことが起こると気分が沈んで何もしたくなくなり、食欲までなくなります。

例えば親しい人が亡くなったときや転居で、これまでの人間関係を失ったとき、受験に失敗したときにはいわゆる「落ち込んだ」状態になります。

通常なら、こうした状態も時間がたつにつれて回復します。
しかし、ずっとそのままになってしまう病気をうつ病とよびます。

うつ病には、ハイテンションの躁状態とうつ状態を交互に繰り返す「躁うつ病(双極うつ病)」と、うつのみが発症する「単極うつ病」があります。

さらに、この単極うつ病は、大きく二つに分けられます。

一つははっきりとわかっていませんが、遺伝などが関係しているといわれる内因性うつ病で、もう一つは、ストレスや環境などが原因で起こるもので反応性うつ病とよばれています。
最近問題となっているのは、この反応性うつ病です。

注目されている理由は、管理職を中心に中高年層の男性に発症が急増しているためです。

現代では価値観が多様化し、伝統思考的なまじめ人間には生きにくくなってきたことや、核家族や団地化により、地域のつき合いが浅くなってきたことなどが背景にあると考えられています。

また、うつ病に対する知識が普及したために、「私はうつ病ではないでしょうか?」と言って病院を訪れる人も増えているそうです。

仮面うつ病のきっかけは転職や引っ越し

環境の変化がうつ病への引き金になるケースを具体的にみてみますと

  • 思いがけない事故による負傷や手術
  • 転勤・転職・昇進
  • 転居や家の新築・改築
  • 留学
  • 愛情関係のもつれ
  • お見合いや結婚
  • 出産
  • 子どもの結婚
  • 更年期
  • 配偶者や両親の死
  • 親しい人との離別

などがあります。

目を引くのは、何かを失ったときにだけうつ病になるのではなく、願いがかなったときにもなりうることです。

大きなストレスがかかったときだけでなく、心にのしかかっていたストレスが急になくなった状況でも、うつ病は出てくるということになります。

仮面うつ病の特徴

仮面うつ病の特徴は、まずうつ状態という症状があります。
うつ状態とは、自分を責めたり、ひどいときには自殺を考えたり、ささいなことにも悲観的になります。

いつもため息をつき、元気がありません。
理由もなく泣きだしたり、胸が息苦しく、切ない気分に襲われます。

活動力も低下し、すべての動きが極端にのろく、何事もおっくうになり、外に出たくない、人に会いたくない、顔も洗わず歯も磨かないなど、すべてに投げやりになります。

ひどい場合には昏迷状態といって何にも反応せず、一点を見つめたまま、まったく動かない状態になってしまうのです。

記憶力、判断力、計算能力なども低下します。

外出しようとしても、歩いていこうか、電車に乗ろうかといった小さな決断もできなくなります。

自分以外の人はみんな優秀だと思い込み、強い劣等感を抱き、自分の将来には夢も希望もなく、今までの人生は失敗だらけだったという考えにとらわれます。

仮面うつ病の身体症状

身体症状としては、不眠、食欲不振、頭痛、頭が重い、胃の不快感などがあげられます。

こうした身体の異常は自覚症状としては強いのですが、他人から見ると以前と変わらない様子に見えるうつ状態を、仮面うつ病とよびます。

典型的なうつ状態の一つといえますが、本人には身体的な自覚ばかりが強く感じられ、仮面をかぶっている状態に近いのでこうよばれています。

このため、意欲がない、落ち込んでいるという精神状態よりも、胃の調子が悪い、からだがだるい、眠れないと訴えて内科の医師を訪れるケースが多いようです。

女性の場合には、内科よりも婦人科を受診する人が多いといわれています。

しかし、精密検査をしても、原因となる疾患がみつからないので、その時点ではじめて仮面うつ病と疑われるという経過をたどります。

仮面うつ病になりやすい人

過剰なストレスや急激な環境変化などが原因といわれています。

しかも、悪条件がいくつか重なったときに発症しますから、本人の社会的地位の変化や子どもの受験などが同時にやってくる中高年世代では、誰がかかってもおかしくはない病気といえます。

特に、仮面うつ病にかかりやすいのはどんな人でしょうか。

一般にまじめで仕事熱心ないわゆる会社人間は、比較的仮面うつ病にかかりやすいといえます。

さらに、メランコリー親和型性格とよばれる几帳面な気配り人間もかかりやすいタイプです。

こうした性格の人は、いつも秩序を重んじ仕事を完璧にこなして、周りの期待に応えようとします。

人間関係では他人に献身的に尽くし、自己への要求水準が高いため、たえず自分の至らなさを責め、ささいな失敗にも罪悪感を抱きやすいのです。

不完全な結果が出たときには、ひどく落ち込み「自分は駄目な人間だ」と責めるようになってしまいます。

ただし、性格的な要因だけで仮面うつ病になるわけではありません。

体調や本人を取り巻く環境など、さまざまな要素が重なり合って発病するといわれています。

社会的に責任が重くなる中高年層や中間管理職、ホルモンのバランスの不安定な更年期の女性などは仮面うつ病にかかりやすいといえます。

仮面うつ病の予防

うつ病は仮面うつ病という形を借りて、確実に増加傾向にあるそうです。
重症でないかわりに誰でもなりやすくダラダラと続き、再発しやすいのも特徴です。

仮面うつ病を予防するには

完璧主義で物事に執着しがちで妥協を許さないという自分の性格の特徴を知っておくことが大切です。

そのうえで、柔軟でしかも余裕のある生活を心がけるようにしましょう。

自分にできる最低限度のことだけをやって、できないことは他人に任せる、仕事や家事に優先順位をつけて大切なことから処理をし、一つでも出来たら自分を褒めるようにすることも忘れないでください。

また、他人の目や評価を意識しすぎないように心がけ、自分を大切にし自分のペースを守るように心がけます。

生活上に変化が生じたときは、特に注意をして休息や睡眠を十分にとるようにしましょう。

一番大切なのは、困難にぶつかったら助けを求め相談できる家族、恋人や友人など、日頃から人と人とのネットワークをつくりあげておくことです。

また、趣味や習い事、スポーツなど仕事以外に夢中になれるものを見つけることも大切です。

いったん治った人も再発を防止するために、前回どんな状況でうつ病になったかをよく考え、似たような状況には注意しなければなりません。

不眠や食欲不振などの仮面うつ病の初期症状を認めた場合には、ためらわずに休養をとりましょう。
それでも症状が改善されない場合は、すぐ専門医に相談しましょう。

うつ病を改善し、再発を防ぐ抗うつ剤の効果や副作用