野菜の栄養と効果効能

ゴマは高たんぱく、高脂肪でミネラル、ビタミンを豊富に含む栄養価の高い食品です。常食すると内蔵の機能が高まり、骨や筋肉が強化され、脳の働きが活発になります。さらに、ゴマ油にはビタミンEと同様の抗酸化作用があるセサミノールやセサモールとい ...

野菜の栄養と効果効能

地中にまっすぐ伸びた根の肥大した部分を食用にする、代表的な根葉の一つです。根菜類のなかでも特に食物繊維が豊富で、新陳代謝を活発にする野菜として知られています。

野菜の栄養と効果効能

早春から初夏が旬の春玉と、晩秋から初春に収穫する寒玉があります。淡色野菜なので、β-カロチンの含有量は少ないのですが、潰瘍の抑制効果をもつビタミンUを含みます。

野菜の栄養と効果効能

生産の主流は西洋カボチャで、日本カボチャより栄養価が高く、豊富なビタミン類を含みます。旬は夏ですが、端境期(収穫期と収穫期の間にできる、境目)にはニュージーランドやメキシコ産が出回り、年間を通して有効なビタミン補給源となっています。

野菜の栄養と効果効能

昔から春の七草「すずしろ」の名で親しまれている代表的根菜です。でんぷん分解酵素のアミラーゼを多く含み、消化吸収を促すため、胃の調子を整えるといわれます。大根は東洋医学では食べ過ぎたときの消化剤として用います。

野菜の栄養と効果効能

ニラはビタミンA、B2、Cなどのビタミンのほか、カルシウムや鉄分などのミネラルも豊富な栄養価の高い緑黄色野菜です。からだが温まり、冬場の滋養強壮にも最適な食材でビタミンB1の吸収を促進させる効果があります。

野菜の栄養と効果効能

タマネギは古来より、食材としてだけでなく、強壮剤など薬の材料としても珍重されてきました。独特のにおいは食欲を増進させるほか、疲労回復などに効果のある成分も含まれています。

野菜の栄養と効果効能

アリシン自体は、ニンニクそのものには含まれておらず、ニンニクを包丁で細かくたたいたり、おろし金ですりおろしてはじめて生成されます。アリシンには疲労回復、食欲・消化増進、細菌感染症予防、便秘解消、更年期障害の緩和などに効果あると言われて ...