赤ワインの効果効能

ぶどうの果皮や種子には、植物が光合成によって生成したポリフェノールが多く含まれています。白ワインはぶどうの果汁だけを発酵させてつくるのに対し、赤ワインは果皮、果肉、種、果汁をともに発酵させてつくります。そのため、赤ワインは白ワインに比 ...

赤ワインの効果効能

どれくらいの量を飲めばポリフェノールの効力は十分に発揮されるのでしょうか?また、同じ赤ワインでも産地や、熟成期間よってポリフェノールの含有量や、抗酸化作用も変わってきます。

赤ワインの効果効能

赤ワインに多く含まれるポリフェノールには、LDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあり、動脈に直接作用して拡張し、血流をよくしたり、血栓を溶解する作用も確認されています。ポリフェノールには高脂血症の改善効果もあることが明らかにされて ...