引きこもりから脱出したい 32歳(男性)引きこもり歴10年の男性のお悩み

引きこもりから脱出して社会復帰をするための方法

10年の引きこもりから脱出して社会復帰をするための方法

引きこもりから脱出して社会復帰をするための方法

 

 

引きこもりから脱出したい…。

 

32歳(男性)引きこもり歴10年の男性からのお悩みです。

 

私は現在、専門学校を出て以降ずっと家に引きこもっている状況で

  • 兄弟いない
  • 友達もいない
  • 親とは、もう何年も口を聞いていない
  • 働きたいけども、初めの一歩が踏み出せない
  • 夜は不安で目が覚めてしまって、発狂しそうになる

 

外に足を踏み出すことはかろうじて出来るが、同じような年齢の人を見ると、「自分はなにしてるんだ」という自分とその人との対比で焦る気持ちがあります。

 

もちろんこのままではダメだから、働きたいと思って・・・でもできれば人と違う仕事がしたいという気持ちがあり、頑張ろうとした時期があったけど結局実行することができませんでした。

 

でも、そういう自分から脱出したい。

 

何から始めて、どうしていいかが分からない。というのが現在の症状です。

 

 

今その状態から脱出したいと思ってもいない状態であれば問題ですが、この方は何とか脱出したいということでお悩みをあげてくる状況なので、

 

後は「具体的にどうするか」「どういう方法をとって、どういう思考をもつか」ということが大事です。

 

 

この方に間違いが一つあるとしたら、「人と違う仕事がしたい」と思う気持ちです。その気持ちは、いったん置いておきましょう。

 

人と違う仕事というのは、かなりのエネルギーと無謀さが必要です。

 

もう32歳という年齢で、焦る気持ちは分かりますが、いきなり人と違う仕事をして大成功しようとするにはハードルが高すぎます。やろうと思ったら可能ですけど、そうとうエネルギーが必要です。

 

まず家の外に出るということをするために、人と同じ仕事をやるということをチャレンジしてみてほしいのです。

 

引きこもり歴10年だと、おそらく体力がないかと思われます。それから「精神力」という、色んな刺激に対して打たれ弱さもあるかと思います。

 


 

引きこもりから脱出するには、何らかの形でアクションを起こすことが必要

 

引きこもりから脱出するには、頭で考えててもしょうがないので、何らかの形でアクションを起こさないといけません。

 

アクションを起こすときに、いきなり「人と違ったことをやろう」というのは、どうすればよいのかノウハウもありませんので、考え込んでしまい、ますます引きこもることになります。

 

気持ちは分かりますが、それはもう少し先の目標として置いておいて人と同じことをやりましょう。というのが私からのアドバイスです。

 

 

人と同じこと、例えばコンビニのアルバイトでもマクドナルドのアルバイトでも、何でもよいのです。

 

とにかく、今の10年間引きこもりという状況においては、身体を使って行動することがすべてです。頭で考えることはこれ以上やらなくてよいのです。

 

今までの10年の引きこもりの中で、さんざん考えてきたはずです。

 

 

また、夜になると発狂しそうになって不安になってという状況では寝れないはずです。なぜかというと「朝はいつまででも寝ててもいい」、「夜は遅くまで起きててもいい」という生活サイクルが乱れているということが挙げられます。

 

生活サイクルが乱れていて、まともな食事をしていなくて、まともな運動もしていない。という状態になると体力がないという状況、身体の調子が万全でないという状況があります。

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言いますが、まさにその通りです。

 

 


 

社会復帰するには、まずは「何をしたらいいか?」

 

調子が悪くなった、精神が病んでるというときに、一番にやらなくてはならないことは体力を回復させることです。それと同時に心に対しての処方です。心というのは、色々な栄養分というものを要求しています。

 

心の栄養素というのは何かと申しますと、「刺激」なのです。

 

「うれしい」「楽しい」「むかつく」「腹が立った」など、色々な刺激が心の栄養なのです。

 

 

ですから、家の中にずっといると刺激量が圧倒的に少なく心の栄養不足になるのです。刺激というのは目で見るもの、耳で聞くものだけでないです。

 

嗅ぐ匂い、肌で感じること、足の裏の感覚、手の感覚、とにかくすべての体中の五感・六感まで使って、いろんなものを感じるという刺激が「心の栄養」なのです。

 

 

10年も引きこもれば、圧倒的に身体にも心にも栄養が足りていないという状態になっています。

 

ですから、まずは「何をしたらいいか」といったときには、「いきなり仕事に行かなくてもよい」ということです。

 

同年代の人を見て焦るなど比較をする前に、心と身体の体力を回復することが、まずこの方がやらなければいけないことです。

 

 

この方がやるべきことは、例えば家の外にでるのが億劫であれば、家の玄関の掃除をする、家の拭き掃除をするなど、部屋からでて体力を使うことです。

 

そうすると必ず心が動きます。

 

それが出来るようになったら家族との会話もできるようになります。親とももう何年も口を聞いていない状態ですと、「何を話せばいいか分からない」など会話のきっかけに困るかと思いますが心配ありません。

 

 

部屋から出て家の掃除などをしていると、必ずそれを家族は見ています。この時、会話は必要ありません。手を上げて挨拶するなり、ニコっと笑うなりして軽い挨拶から始めればよいのです。

 

ものすごくご両親は喜ぶと思います。

 

 

「何かが変わった」これがとても大事なことなのです。

 

この「何かが変わった」ことが、他の人に伝わる。そうするとフィードバックが来ます。

 

周りの人が声を掛けてきます。嬉しそうな顔をします。もしかしたらギョッとして驚くかも知れません。

 

自分が外に出て行動を起こす、言葉を発することによって、周りがそれに対して反応を返してきます。この反応が自分の身体に入るということが「心の栄養」なのです。

 

 

それができるようになると、社会と繋がりを持つことができるようになります。

 

もう一度、社会性を取り戻して社会復帰するには、まずは家の中でよいので部屋から出ること。それが出来るようになったら、今度は家の外に出ることです。そして何かアクションを起こすのです。

 

 

ゴミ袋を持って、ゴミや落ち葉を拾ってもよいです。

 

このとき

  • 誰かに何かを言われる
  • どんな目で見られるか気になる

など、思うことは色々あると思います。

 

でもやってみる。そこのとによって「ゴミの感触を感じる」「ビニールの音を感じる」「足の裏の感触を感じる」これが全部、心の栄養となり自分の身体に返ってきます。

 

いきなり仕事に行かなくてもいいのです。まずはそんなことから始めてみましょう。

 

 

それをやってると近所の人に見られて恥ずかしかった。と感じるかもしれませんが、それも心の栄養なのです。ゴミ拾いは立派な社会貢献であり、恥ずかしいことは何もありません。

 

自分が何かアクションを起こしたことによって、そのアクションに対してのフィードバックを自分が感じる。これがすごく大事なことなのです。

 

 

これを小さく繰り返していくことによって、心の体力、身体の体力がついてきます。そしたら、みんなと一緒のことを始めれば良いのです。コンビニのアルバイトでもいい、何でもよいのです。

 

きっちりマニュアル化されていて、考えることの少ない仕事から始めてみましょう。その上で工夫がしたくなったら、今度は自分がやってみたいことにチャレンジしていけばよいのです。

 

 

先を見すぎて、いきなり立派で大きな山に登るのは難しいです。まずは心と身体の体力をつけましょう。ご飯をちゃんと食べて部屋から出る、そして社会と関わる何かをする。この方法が引きこもりから脱出し社会復帰を果たす近道です。

 

昼に太陽の下で体力を使えば、体内時計も正確になり、夜に眠れず発狂するということもなくなります。

 

 

まずは皆がやっている当たり前のことが出来るようになって、その後、自分がしたいクリエイティブな仕事を目指せばよいのです。

 

これが、一番無理なく引きこもりを脱出する効果的な方法だと思います。自分の行動を疑いながらでもいいのでやってみてください。きっと新しい一歩が踏み出せると思います。

 

どうしても踏み出せないという方は、まずは在宅でのお仕事などもあります。以下を参考にしてみてください。

 

引きこもりでも自宅で堅実・確実に稼ぐ仕事 【在宅ワーク】
パソコンさえあれば在宅でも堅実・確実に稼ぐことが出来る仕事をいくつかご紹介します。引きこもりで、お金を稼ぐ方法がなくて困っているのであれば、是非参考にしてください。

 

6年引きこもりの弟に姉として何かしてあげられることはないのでしょうか?
私には6年間、引きこもりの弟がいます。高校を不登校になり中退してから、ずっと引きこもりの状態です。弟は毎日ため息をつき、うつろな目で「死にたい・・・」「がんばれない・・・」「自分は何もできない・・・」と言っています。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る