引きこもりの対応と、その兄弟姉妹への対応

引きこもりの対応と、その兄弟姉妹への対応

引きこもりの対応と、その兄弟姉妹への対応

引きこもりの対応と、その兄弟姉妹への対応

 

スポンサーリンク


 

子どもとの間にコミュニケーションができるかどうかが一つのポイントになります。

 

話しかけても無視する、反応がないという状態が1~2週間続き、コミュニケーションが成立しないようなら、人のなかに戻ることに悩んでいると思われます。

 

 

引きこもりの兆候を感じたならば、原因を知るためにも追いつめるようなことは避け、子どもが自然に話しだせるような雰囲気をつくりましょう。

 

親が焦らず、心を楽にしてかかわり方を変えていくと、子どももほぐれてくるものです。

 

 

親では適当なスタンスがとれず反発しあうような場合は、学校の先生、子どもが慕っている先輩、カウンセラーなど信頼できる第三者で、子どもが心を開ける人に橋渡しを依頼してもよいでしょう。

 

 

引きこもりが長期に及んで、通常の社会・経済生活に支障をきたした場合、家族の悩みは深刻なものとなります。

 

引きこもりになる本人は、何も考えていないようにみえても、将来のことを心配したり、自分のことを情けなく思っていたりするものです。

 

 

まわりの人は、根気強く温かく見守ることが第一です。

 

だからといって腫れものに触るような扱いは逆効果です。できないことを強要するのでなければ、年齢相応の役割や責任を求めるほうがよいでしょう。

 

 

本人のつらさを理解し共感するように努め、価値観や存在価値を評価することが大切です。

 

できれば、「閉じこもっているのは自分だけではない」「けっして特別なことではない」ということをわからせるためにも、民間の支援機関のサークルなどに参加させるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク


 

 

兄弟姉妹への影響とその対応

 

誰かが引きこもりをしていれば、家族は少なからず影響されるものです。兄弟姉妹への影響はあって当然として、対応を考えましょう。

 

ポイントは、妹さんが、自分だけが損をしていると感じないように配慮し、無理に協力させたりしないことです。

 

 

今は、学校が楽しいという子より、義務感から仕方なく通っている子が多いといわれます。誰もが引きこもりの予備軍といってもよい状態です。

 

長男の対応に注意が向けられると、妹さんのことは手薄になりがちで、彼女は寂しい思いを味わうことになります。

 

 

また、長男には肯定的な対応が必要ですが、妹さんに親と同じような対応を求めるのは無理な話です。

 

連鎖反応が出た場合は、今度は未然に防ごうとして対応を変えるのは間違いです。

 

 

兄弟姉妹で引きこもることを想像すれば胸も痛むでしょうが、だからこそ同じ対応が望ましいのです。

 

引きこもっても許されるという余裕があると、子どもはかえって楽になり、現実を受け入れやすくなるようです。親も子も、この楽になる、楽になれるという方法をみつけたいものです。

 

 

 

朝が辛くて不登校のお子様に【キリツテイン】
キリツテイン

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る