女性のイライラ・心の不調改善にはアロマテラピーが効く

女性のイライラ・心の不調改善にはアロマテラピーが効く

 

 

心を安定させてくれるアロマオイル

 

植物の香りで気分がおだやかに

心の不調改善には、病院の薬 (抗うつ剤)やメンタルサプリメントなどがありますが、女性特有の心の不調にはアロマテラピーが役立ちます。

 

アロマテラピーとは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使って、自然治癒力を高める療法です。

 

 

精油はさまざまな芳香性物質からできていて、その香りを吸い込むことで、芳香性物質が鼻の神経から脳の視床下部に伝わり、気分が穏やかになります。

 

また、自律神経の働きやホルモン分泌のバランスを整える作用もあるので、さまざまな不調に用いることができます。

 

 

お試しで1本買うなら、ミントの精油がおすすめ

 

精油を買うときは、本来の効果を得るために、必ず100%天然成分のものを選んでください。種類が多くて迷うかもしれませんが、まずひとつ用意するなら、ミントをおすすめします。

 

女性のイライラにも落ち込みにも使える万能オイルです。

 

ミント以外にも、心の不調やPMS(月経前症候群)の改善に役立つオイルはいろいろあります。テスターで香りを試して、直感で「好き!」と感じるものを選びましょう。

 

PMS対策なら、月経前の症状が出やすい時期にアロママッサージをするのもおすすめです。

 

 

ミントは万能オイル!緊急ケアに役立てて!

 

ミントの精油はリーズナブルな値段で、誰からも好まれる香りです。1本用意しておくと便利です。心の鎮静効果が高いので、とくにイライラしがちな人にはおすすめです。

 

落ち込みがちな人も、気分のリフレッシュに役立ちます。

 

イライラにミントの冷湿布

イライラしたときは、ミントの冷湿布を首のうしろにあててみましょう。スッキリした香りとヒンヤリ感で、イライラがはやく鎮まります。

 

冷湿布は、冷たい水にミントの精油を数適たらし、タオルをひたしてしぼればできあがりです。

 

イライラ落ち込みにミントで深呼吸

マグカップにお湯をはり、ミントの精油を数滴たらします。さわやかな香りがひろがってきたら、深呼吸をして香りを吸い込んでみましょう。

 

イライラや落ち込みがやわらぐのを感じられるでしょう。マグカップなら、オフィスのデスクでも手軽にできます。

 

スポンサーリンク


 

症状別のおすすめアロマ(精油)は?

 

落ち込みには気分を高めハッピー感を与える精油

ネロリ 甘い花の香り。神経に働きかけ、不安感やうつな気分を改善。高価ですが、効きめも高いです。
ベルガモット さわやかでフルーティな香り。神経を強くして、ストレスを緩和し、気分を明るくします。

 

PMSには女性ホルモンの働きを整える精油

クラリセージ 草木の香り。女性ホルモンのバランスを整えるので、PMSや月経(生理)不順に悩む人に
ローズ 女性ホルモンのトラブルを改善。リラックス効果も。高価ですが、甘い香りにいやされます。
ゼラニウム 甘い草木の香り。女性ホルモンのバランスを整え、血行を促進。ストレスが強いときにも。

 

イライラには心の緊張感をやわらげる精油

ラベンダー 花の香りで、万能薬といわれるほど多くの作用があります。神経を鎮めてリラックスさせます。
ローマンカモミール ほのかにリンゴのようなやさしい香り。ストレスをやわらげ、気分をおだやかにします。
マンダリン オレンジ系の甘い香り。心に落ちつきをとり戻し、気分をリフレッシュさせます。
イランイラン エキゾチックな甘い香り。神経の高ぶりを鎮め、緊張をほぐし、安らいだ気分をもたらします。

 

 

スポンサーリンク


 

精油のさまざまな使い方

 

アロママッサージをする

マッサージオイルで全身をマッサージしましょう。

 

リンパの流れに沿って、足先から太もものつけ根へ、手先から腕へと、手をすべらせていきます。血行とリンパの流れをうながします。

 

マッサージオイルのつくり方

ベースオイル 20ml + 精油 2~3滴
アーモンド油やオリーブ油など100%植物性の油(いずれも化粧用)20ccに、症状別に適した精油または好みの香りの精油を2~3滴加えて混ぜます。

 

香りの蒸気を吸う

洗面器にお湯をはって精油を数滴たらし、蒸気を吸って香りを楽しみます。顔を洗面器に近づけた状態で頭からバスタオルをかぶると、蒸気が逃げません。美肌効果も!

 

手湯、足湯で冷え改善

洗面器に熱めのお湯(41~42度)をはり、精油を1~2滴たらし、手湯や足湯を。15~20分程度で全身があたたまり、心の緊張もほぐれます。

 

お風呂に入る時間がないときや冷えの改善におすすめ。

 

バスタブにオイルをたらす

お風呂の湯に精油をたらし、よく混ぜてからあたたまりましょう。深いリラックスが得られます。精油とともに岩塩や天然塩を加えれば、保湿効果がアップ。

 

 

眠れない夜はノンカフェインのハーブティーでリラックス

 

眠れない夜はノンカフェインのハーブティーでリラックス

眠れないときには、カモミールやマローがおすすめです。

 

イライラしたり、落ち込んでいるときには、なかなか寝つけないもの。そんなときには、ハーブティーでリラックスしてみましょう。

 

植物を乾燥させてつくったハーブティーは、昔からヨーロッパで心身の健康のために愛飲されています。寝る前にコーヒーや紅茶、緑茶などをのむと、カフェインの作用で眠れなくなることがありますが、ハーブティーにはカフェインが入っていないので安心です。

 

 

おすすめは、カモミールやマローです。カモミールは、心をリラックスさせるので、昔から不眠の改善に使われています。マローは、色の変化に注目したいお茶。いれたては濃いブルーですが、しばらくすると薄いブルーにかわり、レモンスライスを入れるとピンクに変化!色のマジックを楽しみましょう。

 

おすすめ

牛乳の作用でリラックス効果UP!カモミールミルクティー
カモミールのハーブティーにミルクを加えると、よりやさしい風味に。カモミールと牛乳はともに神経を鎮めて安眠を誘う働きがあるので、相乗効果が期待できます。

 

それでも眠れない夜には、サプリメントを試してみましょう。⇒睡眠サプリメント購入ページ

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

月経周期の後半、PMSやプレ更年期などによる心の不調
心の不調と月経(生理)は、どのように関係しているのでしょうか?そのカギとなるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンです。排卵を過ぎると心身が不調になりがちに・・・。
低用量ピルの服用は心の不調を改善する効果もあります
低用量ピルの服用はホルモンバランスの改善に効果を発揮しします。女性ホルモンは心にも働きかけるので、月経トラブルが改善するとともに、心も安定し、心の不調も改善できます。
女性のイライラ・心の不調・落ち込みの治療には漢方が効く
心の不調のなかで漢方治療に向くのは、心の病気まではいかないイライラや落ち込み、軽いうつ病、PMS(月経前症候群)など女性ホルモンの問題によるものです。漢方治療では部位ごとではなく、人間をトータルにみる視点が、女性の心の問題の治療に向いています。
女性の心の不調や身体の相談は、女性外来へ
女性外来は、女性の心のトラブルをからだとトータルで診察してくれます。心の不調が月経周期に関係しているなら、女性外来に相談するのがベストです。女性外来なら月経と心の問題について、適切な改善策を提案できます。
女性の身体や心の不調|薬と力ウンセリング治療で治す
心療内科や精神科での治療は、薬物療法が基本になります。また、薬物療法と並行して、心理カウンセラーによるカウンセリングをとり入れることもあります。治療期間は短くて数か月、長ければ数年かかることもあります。

このページの先頭へ戻る