働く女性のストレスとは

働く女性のストレスとは

 

 

男性社会で働く葛藤やオーバーワークに孤独感が重なり、さまざまなストレス症候群に陥る女性が増えています。

 

身だしなみが乱れてきたら、要注意です。

 

 

ストレスのもともとの意味は刺激で、よいものでも悪いものでもありません。

 

勉強や仕事、情報、遊び、音、人間関係、家庭生活など、ありとあらゆるものが、私たちにとってはストレスなのです。

 

 

ストレスは、人間が活動するためには不可欠のものといえます。

 

ただ、ストレスが強すぎたり、同じストレスでも性格的にストレスに弱い人の場合には、ストレスがマイナスに作用し、心とからだにさまざまな症状が出てきます。

 

こうしたものを総称してストレス症候群とよんでいます。

 


 

 

ストレス症候群は、主に仕事一筋の男性たちがかかるものでした。

 

しかし、時代が移り変わり、今では老若男女を問わず、ストレス症候群に悩まされる人が増加しています。

 

 

特に、女性が職業をもって働くことが一般的になった現代では、働く女性のストレス症候群が注目されています。

 

男性に多くみられた症状が働く女性の間で広がりをみせたり、女性特有のストレス症候群も出てきています。

 

 

 


 

ストレス症候群は、症状によっていろいろな名前でよばれますが、ほとんどは軽いうつ状態といえます。

 

考えがまとまらない、集中力の喪失などの思考の異常や、身支度、対人関係、仕事における行動の異常といったうつ状態の特徴がみられることも多くなっています。

 

放っておけば症状が進み、うつ病のほか、パニック障害、社会恐怖などの不安障害に移行したり、身体症状を治療しなかったために病状が悪化することも考えられます。

 

 

軽視せず、なるべく休養をとり、場合によっては専門医に相談することも必要です。

 

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る