女性特有のストレス

女性特有のストレス

女性特有のストレス

 

 

1986年に「男女雇用機会均等法」が施行され、法律上は、雇用に関する男女の格差はなくなりました。

 

しかし、現実には依然として男性中心の職場が多く、男性と対等でありたいと願う働く女性が、理想と現実のギャップに苦しむケースが多くなっています。

 

 

男性の女性に対する性的な言動によって、女性に仕事上の不利が生じたり、就業環境が悪化するセクシュアル・ハラスメントの被害者も増加しています。

 

セクハラによって受けた心の傷が癒せずに、仕事を続けるうえで重大な障害となってしまうケースも目立っています。

 

 

ストレスに対する耐性には個人差があり、同じストレスがかかってもそれを原動力に頑張ることができるタイプと、ストレスにつぶされてしまうタイプがあります。

 

一般に、女性のほうが男性よりもストレスに弱いといわれています。

 

 

女性は比較的保守的で、性格的にまじめで几帳面な人が多いようです。

 

 

また、一般的には男性にみられるように一つの事柄に集中するのが苦手で、仕事をしているときにも常に家族の状態、自分の将来、ファッションのことなどが気になってしまう傾向があるため、一度に複数のストレスを抱えやすいといわれます。

 

 

男性同様の職場のストレスに、女性特有のストレスが加わり、働く女性のストレスは、量、強さともに非常に大きいと考えられています。

 

 

スポンサーリンク


 

さらに、近年は、総合職、管理職に就いて男性と互角に働く女性も増えてきています。

 

そうした女性たちのなかには、自分でも気づかないうちに女性らしさを否定していき、本来もっているはずの女性としての生理機能に異常が出てくるケースも目立ちます。

 

 

ストレスが刺激となって女性ホルモンの分泌が減り、月経が止まってしまったり、女性が男性型脱毛症になるなどして、はじめて無理をしていたことに気づく人もいます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る